Text Size : A A A
今日はムッシュアナナスをご紹介します。

はじまりは、suido cafeさんで開かれる中国茶をたのしむうつわ展に
お誘いいただいたときでした。
パイナップルケーキはつくれませんか、と。

実は、前々からパイナップルケーキをつくってみたいと思っていたのです。
台湾に旅したときにとても感動して、このおいしさを再現できないかと。
いやいや畏れ多い、とずっとつくらずにいたのでした。

けれども、これもなにかのご縁だと
試作を重ねてできたのが、いまのムッシュアナナス。
この名前は、お店を開くにあたり考えたもの。

「ムッシュ」なのは、見た目がシンプルだから。
マダムなら、もっとムンムンしていないといけないので。

ただ、ムッシュは見た目が地味な分、
内側に情熱を秘めているのです。南国パイナップルな情熱を。
スパイスといっしょに煮詰めたパイナップルのフィリングが
ぎっしり詰まっているんですよ。

はじめて食べる方は、きっと
見た目と中味の違いに驚かれるはず。
なので、あえて中味は見せませんけど。
Img_15c3acd7d87ee319eff4d1a23459a9b3
お店を開くときに、パイナップルケーキ屋になろうかと思ったほど
私がいちばん気に入っているお菓子です。

ぜひぜひお試しあれ~☆