Text Size : A A A
思いつきでつくった洋梨とミルクティーのマフィン、
とうとう今週で最後になってしまいました。
洋梨が終わってしまったのです。
ちゃんとレシピ書き留めておかないと、来季につくれなくなっちゃう。

来週は代わりにチョコレート系のお菓子にする予定。
バレンタインが近いので。
いちごとホワイトチョコレートは引きつづき。
Img_50d0dd3a8809c9f47f0e138abbe55bde05947f3e
来週からお店に出してもらう
バナナとカカオのクランブルマフィンの試作をしています。

今日は焼く前の姿を初公開(全然シズらないなー)。
こんな姿からあれよあれよと膨らんで
ふっくらしっとりのマフィンになります。なる予定です。
私のクランブルマフィンはよく唐揚げのようだと言われるのですが、
さて今度のマフィンはどんな風に焼き上がるのでしょうか。

もうそろそろ、あと3分で焼き上がります。
Img_8adc5a9edcaf8daf5c6bc64eaa75f34c4449e974
今週は、先週のいちごと洋梨がまだあるので
そちらを引きつづきお店には出してもらうのですが、
週の途中くらいから、新しいメニューになるかも?です。

こちら、バナナとカカオのクランブルマフィン。
見た目が唐揚げになるかもと危ぶまれたマフィンでしたが、
なかなかどうしておいしそうに焼き上がりました。

うーん、でもふつう。
ふつうのバナナマフィン。
いちごのような衝撃はないなー。
バナナに衝撃は求められないのかなー。

試行錯誤はつづきます。
Img_6c5e50b947c7c935a05b7102ce80739cde34d373
お菓子をつくるのにチョコレートをよく入れるので
チョコレートにはけっこうなこだわりがあるのですが、
最近おいしいと思ったのが、いただきもので食べたエミリーズチョコレート。
超高級チョコレートなのでお菓子に入れることはできないのですが、
とてもおすすめです。
口に入れて噛んだ瞬間の香りがたまりません。

通販や青山の国連大学前でやっているファーマーズマーケットで売っています。
エミリーズチョコレート奥沢 (Click!) 

なにがすごいって全部日本でつくっているのです。
全部というのは語弊がありますが、
高級カカオ豆を輸入して焙煎からなにもかも日本でやっているのです。
お砂糖は私も大好きな喜界島のきび砂糖です。
チョコレート好きな方、ぜひ一度食べてみてください。
Img_a1a6452bf83b7a964bead9b1742f3bf870922b12
一緒にお仕事させていただいている方から、うれしい贈りもの。
鹿児島産の完熟きんかんです。

すごーく甘いです。
これはもう生で食べるのがいちばん!

けどね。やっぱりね。お菓子屋だものね。

ということで、
半分は生でいただいて、半分はお菓子に焼き込みます。
まずはきんかんの甘煮をつくって、
そのあとは煮ながら考えます。


このきんかんの盛ってある器、
陶芸家の中里浩子さんの陶芸教室 (Click!) で私がつくった器です。
と言っても、ほぼ先生につくっていただいちゃったのですが。
お気に入りの器です。
Img_1649cb316a9dbf2900b2f3b1c97723761e7ae348
週末につくろうと思ったのだけど、
不安と興奮が入り交じって眠れなそうだったので
きんかんを煮てみました。

あの人いまごろ私のマフィン食べてるかな?
あの人は飛行機で爆睡してるころかな?
あの人はもう寝ちゃったかな? とか、
いろいろ考えながらつくったから、
雑念が入っておいしくないかも。

ほかの人のこと考えないで
目の前にいるきんかんをどうするのか、考えろ!
と、自分ツッコミして遊んだのでした。
Img_8e89700e121e857c19e8e9c9a595b1dff4293822
きんかんの甘煮って
こんなにおいしかった?

「きんかんは茹でこぼしなさい」と
わざわざ母から電話をもらったのだけど、
アク取るのも茹でこぼすのもめんどうだなーと思って
茹でずに蒸してみました。
その横着が吉と出たのでしょうか。

いいえ、素材がいいからです。
鹿児島産のきんかんだったので
同じ鹿児島の喜界島のきび砂糖を使って煮てみました。
残念ながら水はハワイの水だけど。。。

今朝食べてみて、
これはタルトだな、と直感で決めました。
煮ながら悩む必要なんてなかった。

季節のくだものを、こうやって
生で食べて、煮て食べて、最後にお菓子で食べる。
なんて贅沢なんだろう。


余談だけど、
喜界島って怪物くんが住んでそうな名前。
怪物ランドがありそうじゃない???
Img_6989439ed02a9ec2ed050ac8aa02f49c9090b05f
会社の後輩から、新婚旅行のお土産にバニラシュガーをいただきました。
アフリカにサファリツアーに行っていたのですが(うらやましい。。。)、
セイシェルにも立ち寄ったそうで、そのお土産です。

アフリカといえばバニラビーンズの世界一の産地マダガスカルがあり、
セイシェルはそのそば。本場感があってうれしい。

お菓子をつくっていると、
こういううれしいお土産がたくさんあるのです。特権だなー。
そしてそんな仲間たちに感謝。

すごーくいい香りのこの砂糖をつかって
おいしいお菓子をつくれるようになろうっと。
Img_949518a4c352e1b656db1005901f798fb38a8c5d
毎朝食べているグリコの朝食プロバイオティクスヨーグルト。
ふつうのヨーグルトより量が多い。朝ごはんにはぴったりなサイズ。
そしてビフィズス菌が腸で増える!増えまくる!

このままでもおいしいのだけど、
最近のお気に入りは、ここにブラックベリーのコンポートをかける食べ方。
あとはきんかんも一緒に食べるとおいしい。

おなかスッキリしますよーに。
ずいぶん更新をさぼっていました。。。

春に向かってうずうずしているのですが
時間がなくてお菓子を作れていません。

気持ちを盛り上げるべく、
レアプラント (Click!) という珍しい食材を扱った通販サイトから
紫芋を注文してみました。

届くのは3月に入ってから。今からとてもたのしみです。
3月の中頃だから今よりもあたたかくて、
春一番なんかもとっくに吹き終わってるのだろうなー。春はすぐそこだー。

最近巨大な蒸籠を手に入れて、なんでもかんでも蒸かしているので
もちろんお芋も蒸かすつもり。
もちろんもちろん、お芋も最終的にはお菓子になる予定。
その前に、このあいだ煮たきんかんをお菓子にしないと。
冬が終わっちゃうぞー。
Img_68dd99758e42f269235828b601a3b6733decb1f1
近ごろお店に出す分のお菓子しかつくっていないので
アップしたいお菓子がないのです。
ということで、切りかけのいちご。

いちごは、晴れた日がつづいたときに買うのがいいそう。
たっくさん太陽の光を浴びておいしくなっているからなのだって。すてき。
ハウス栽培だからってみんな同じじゃないのね。当たり前だけど、忘れてた。

とかなんとか思う余裕もないまま、
ひたすらにいちごを切ったのでした。

今週もひきつづき suido cafe (Click!) では、
いちごとホワイトチョコレートのマフィン
バナナとカカオのクランブルマフィン の2種類です。
Img_49146dcc50e905255014951b859b39f02f9e6378
バナナとカカオのクランブルマフィンの画像を
ずっとアップせずにいたことに気づきました
(載せるものがないなんて、切りかけのいちごを載せていたくせに)。

前にアップしたクランブルマフィンは、
クランブルが白かったのですが、こちら黒です。
全部黒がいいと、デザイナー悦子さんが主張するので
オールブラックにしたんです。けっこう硬派です。

見た目もさることながら、中味もなかなか男前。
ヴァローナのマンジャリというチョコレートを使っているのですが、
少し酸味があって、香りがすごくいいのです。
でもやさしいバナナに親近感。

こちらおそらく3月いっぱいsuido cafe (Click!) で食べられます。
4月はバナナをブラックベリーに変えて、
さらにブラック度を増す予定です。おたのしみに☆
母にとって子育てとは「ごはんをつくること」だったのだと
最近初めて打ち明けられました。
ごはんを食べさせることが何より大切だったのだと。
確かに母と話した記憶は、台所が多い。
母はいつも台所に立っていたんだなー。
極端だけど、とても感謝しています。

おかげで、料理の基礎的なことは私の手が憶えているし
(って書くとなんかかっこよすぎるけど)、
いろいろな料理にトライしてはアレンジを繰り返すのは
当たり前のことになった。

この前なんて、包丁で野菜を刻む私を見て
「子育て失敗したわ」と、間違った手の添え方に
ため息をついていたっけ。

「ごはんをつくる子育て」は、いつのまにか
「ごはんをつくる教育」に変わってしまったわけですが。

さて。
そんな母のつくるお菓子のなかに、
マンゴープリンというのがありました。

「ありました」

過去形です。悲しいかな、過去形になってしまったのです。
先日、母にマンゴープリンのつくり方を聞いてみたら、
「そんなものつくったことないわよ」と・・・。物忘れってやつです。
「ママのマンゴープリンにかなうものはないね」と言っていたのも
忘れてしまったようです。マンゴープリンのための器まで買ったことも。

とてもおいしかったあのマンゴープリンを
もう二度と味わうことはできないのだと知って
ふつふつとマンゴープリン熱が高まっている今日この頃。

今年の夏は、マンゴープリンに捧げます☆