Text Size : A A A
すっかり旅ブログのようになってしまっていましたが、
今週からまた地道にお菓子をつくります。
長崎への旅では、いろいろなものに感化されてきました。
お菓子づくりに活かされるかと言われると、そうでもないかも。
でもかわいいデザインにたくさん出会ったので、
悦子さんがやまねフランスをよりよきブランドにしてくれることでしょう。

さて。
suido cafeさんが工事中のため、
今週は週末ごろにお届けします。

お店では、スコーンが好評だそうです。
店主の岡田さんはスコーンがあまり好きではなかったそうなのですが、
このスコーンを食べてからスコーン好きになったとか、ならなかったとか。。

それでもやっぱり私のおすすめは、青いレモンのマフィンです!
見た目はシンプルですが、自信作です。
ぜひともご賞味ください☆
Img_7d69ddefd25a140a9e98f522adf56ecb6b824623
今日は友人とごはんを食べる予定なので、
青いレモンのマフィンをお土産に持っていきます。
お店に出すものではないので、
お粉を先日のロシアのものにしてみました。

スコーン対決では見事勝利したロシアですが、
その実力はいかに???

焼きあがって食べてみたら、なるほど、分かりました。
ロシアのお粉はさっくりとした食感。
味は私が使っている日本のお粉よりもあっさりとしています。
クッキーやスコーン向きなのだと思いました。
バターに凝るなどしたら、もっとおいしくなるだろうなー。

ということで、
やっぱりマフィンには日本のお粉だ!よかったよかった。
ロシアの実力はまた別のところで発揮してもらいましょう。
ゴールデンウィーク真っ只中の4月29日、
渋谷で行われるmother dictionary「春の会」 (Click!) に参加します。

おなじみのマフィンやスコーンをはじめ、
おそらくタルトやクッキーも出すかな?出せるかな?

そして今回、
おいしいコーヒーを淹れてくれるイケメンinacafeさんと一緒に参加です。
水出しアイスコーヒーやinaブレンドのコーヒーなどなど。
いい香りに誘われて来てみたら、ついでにお菓子も食べちゃった!という作戦です。

ぜひぜひ足をお運びくださいな。
Img_dc93cc79ec6f28fa3449973638064b5fe52108cd
六本木ミッドタウンにあるTIME&STYLEの
5周年記念イベントに行ってきました。

受付を過ぎると、すぐにお店の人がやって来て
ワインやシャンパンを勧めてくれます。
私はシャンパンをいただいたのですが、
グラスの口あたりが柔らかくてやさしくて、
スイスイ飲めてしまいました。危険です!

そのグラスというのが、猿山修さん (Click!) がデザインしたもので、
美しいのはもちろん、使い心地がいいのです。
思わず新作のワイングラスを買ってしまいました。

安いワインもおいしくなっちゃうんだろうな〜。
楽しみです☆
今週は、もうマフィンが売切れてしまったようなので、
スコーンだけお店に並んでいます。
プレーンとアールグレイとホワイトチョコレートの3種が
ひとつになったセットです。

おうちで召しあがる場合は、レンジで20秒ほど温めると
さらにおいしくいただけます。
お試しください。

そろそろ5月のマフィンを考えないと。
アメリカンチェリーは5月かなー、6月かなー。
クリームチーズを入れたりクランブル乗せたり
いろいろできそうです。
おたのしみに☆
Img_ec2c31629d0a0901f0bd1394f23a3fa3787d06eb
数年前に台湾で買ってきたこのボトルを愛用しています。
これ、下のほうを見ていただきたいのですが、
お茶っ葉を入れてお湯を注いで持ち運べる携帯用急須?お茶入れ?なのです。
なんと画期的!お茶処、台湾らしい。
下に茶漉しがあるという形状がすごい。

お茶の配合も自由だから、
今日はプーアール茶と烏龍茶をブレンドしました。

これ、輸入できたら
日本でも流行ると思うんだけどなー。
Img_cb426ef89ba03ed496d15e0e9859a086e84cdba6
お菓子を、特にスコーンをつくっていると
必ずといっていいほど生地の余りが出てくる。
あと欠けちゃったものとか。
それをお菓子の世界では「久助」(きゅうすけ)と呼ぶらしいのです。

その久助を、焼きたての夜中に食べるのがやめられなくて
最近ぶくぶくムチムチとしてきてしまったのです。
これもスコーンの余りの生地を焼いた、
3センチくらいのほんの小さなものなのだけど、
小さなことからコツコツと、が功を奏してしまったわけです。

ということで、たくさんつくってムチムチしてしまうほど、
suido cafe (Click!) ではスコーンが人気です。
今日から「コーヒーをたのしむ器展」 (Click!) が始まります。
器がホントにきれいですよ。
Img_61a585fc2d5c243e1f4f8b5d612cd7e36c6d8d10
今日はお菓子のご紹介です。
こちらは、紅茶のブールドネージュ。
ブールドネージュというのはフランス語で「白い雪の玉」の意。
真っ白なまあるいお菓子です。
これはアールグレイが入っているから
「泥にまみれた雪」といったところでしょうか。

とはいえ味はちゃんとしてます。
ベルガモットの香りとアーモンドの香ばしさが
口の中にふわっと広がります。
Img_31c6c8e79ed484a065789751a788c3360ac0948c
そして、こちらが通称うずまきクッキー。
ラム酒漬け房干しぶどうとくるみのシナモンクッキー
というのが正式名称なのですが、とにかく長い。
でもどれも省略したくない素材たちなのです。

今日は少し焼きが甘かったのですが、
その分ラム酒の香りと味が強く残っています。
これはこれで好み。

生地にはほとんどお砂糖を入れていません。
その代わり、たっぷりとシナモンシュガーを敷いて、
ラムレーズンとくるみを巻き込んでいます。

クッキーと言いながらも、サクサクとした歯ごたえの
少しパイに近いお菓子です。


いまは焼きチョコレートを試作中。
近々お披露目できると思います☆
Img_65008befd5508f4e3be2e66c91687caf11b39665
今年の夏は、ポルトガルへ行く予定です。
早く行きたいなーとうずうずする気持ちを
気分だけ味わってやり過ごそうとつくってみました。

これは、pasteis de nataというポルトガルのお菓子です。
直訳すると「生クリームの小さなパイ」ですが、
エッグタルトといえば、知っている人も多いはず。

より本場感を!ということで
ポルトガル語のレシピをどうにかこうにか翻訳して(ホントにむずかしい!)、
たぶんこんな感じだろうとつくってみました。

私がふだんつくっているお菓子は、
1日くらい寝かした方が味がなじむものが多いのですが、
このお菓子に関していえば、焼きたてが断然おいしい!
シナモンを振ってアツアツのところをいただきます。

何かプラスして、私だけのpasteis de nataをつくりたいなー。
その前にポルトガルに行きたいなー。
ますます熱が高まって、逆効果だ。
あと5ヶ月!
Img_dda0081935fd2a2d1f73f8cf7f7e0a114ce26907
先日アップした紅茶のブールドネージュですが、新しい名前が決まりました!
ブールドネージュは「白い雪の玉」という意味なのだと友人に話したら、
雪合戦をスポーツとして競技している友人だったので
「雪の玉だ!」と激しく反応していました。

なるほど、
私のつくるブールドネージュは淡いほわほわの雪というより
雪合戦でぎゅっと固めてつくる雪玉のイメージに近いかも。

カタカナにすると、なんだかオーストリアやドイツのお菓子にも見えてくる。
ということで命名「ユキガッセン」。

以後、お見知りおきを。
とても偉い人に、これを観なさいとDVDを渡されました。
それは、NHKの番組「プロフェッショナル」日本料理人・山本征治さんの回でした。

山本さんにとって大切な言葉は「覚悟」なのだそう。

私に覚悟はあるのだろうか???というのが
最近のテーマでした。

そして昨日、縁あって、これまたプロフェッショナルに出演したことのある
ロシアのボリショイバレエ団のバレエダンサー・岩田守弘さんにお会いしました。

お話ししていると分かるのだけど、岩田さんは内側に熱いものを持っている。当然だけど。
つまりは私のように暑苦しさがだだもれしてしまっていない。
必要以上に出さない。ちゃんと秘めている方。そこがすてきだった!

とても謙虚で聞き上手で、本当はたくさんお話を伺いたかったのに、
逆にたくさん話してしまう、というぐだぐだな会合になってしまった。。。
岩田さんが目をキラキラさせておっしゃったのは「夢はありますか?」ということ
(もちろん岩田さんには夢がある)。

またひとつ、テーマができてしまった。
夢ってなんだろう???

ここのところ、ダイレクトにずどん!と影響を与えてくる方に、たくさん出会う。
運命論者じゃないけれど、出会うべくして出会っている気がする。

いまちゃんと考えなさいって。ぐらぐら揺れなさいって。

私を揺るがしてくれる人たちに感謝しながら、
覚悟をもって夢を叶えなくちゃ。ね。

今日はちょっとマジメなやまねフランスでした。
このくらいが限界だ!ハラへった!糖分ちょーだい!
Img_432b7202cd8a31269ea3569d13eb73e89ce824eb
明日4月29日に渋谷で開かれるmother dictionaryのイベント、
春の会 (Click!) に参加します。

それに向けて、名刺をつくりました!
もちろん悦子さんデザイン。
真っ白な紙は清潔感があっていいなー。
裏面は実際にもらってからのおたのしみです☆
(というほど凝っているわけでもないのですが)
Img_722e6b94e61741fff73a7ca33130058f1ba757c6
春の会のおかし、その1。
suido cafeさんにも出している人気のスコーン。
プレーン・紅茶・ホワイトチョコレートの3種がセットになっています。

さぁ、ぞくぞくと焼き上がるぞー。

明日のメニューは、
・いちごとホワイトチョコレートのマフィン
・オレンジとホワイトチョコレートのマフィン
・島レモンのマフィン
・いちじくと木の実のタルト
・スコーンスコーンスコーン
・マヌエラ先生のエッグタルト pasteis de nata  です。

余裕があったら、ほかにもつくるかも。つくらないかも。
Img_63527afee305e69d2c343a8bae1049c99cc12148
mother dictionaryのイベント、大盛況でした。
inacafeさんのコーヒーも大好評!
来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。

あっという間に売り切れてしまって、
せっかく来てくださったのにお菓子がないという状態。
もっとたくさんつくればよかった。。。

今回、島レモンのマフィンとエッグタルトが人気でした。
お客さんの顔を見ながら売ることができると
たくさんの発見があります。たくさんのよろこびがあります。
ひとつ買っていったお客さんが、食べたあとに戻って来て
今度は3個とか全種類とか買っていってくれたりして。

とってもしあわせな一日でした。
また参加したいなー。