Text Size : A A A
Img_809823ea348a2609e985e06acc628537
あたらしい年が始まりました。
今年は現実的にたのしく生きようと思います。

なにはともあれ、お菓子づくりに励みます。そしてお店を開きたい。
実現するにあたり、たくさんの人たちをじゃんじゃん巻き込んでいくので、
よろしくどうぞ。

これはおばあちゃんが搗いてくれたおもち。
おなかにずっしり。
今日明日は、たぶん、早くも、今年一番の山場。
そう思っていても、きっともっとすごい日がこのあとやって来るんだろうな。

そんななか、ぽっかりと1時間空いたので、日記を書いてみました。

もうすぐ誕生日がやって来るので、ほしいものを考えてみることにします。
洋服を買うことにはもはや興味がないし、最近はあまりほしいものがないのだな。

* 有能なオーブン
* しっかりとした生地の真っ白なエプロン
* カリタの電動コーヒーミル 赤いのがいいな
* アニヤハインドマーチの黒いバッグ
* ブラジル行きのチケット

宝くじの皮算用と同じで、想像するだけで楽しい。
1年前、悦子さんと赤坂にある「山ね家」さんで晩ごはんを食べていたときのこと。
少し深刻そうな顔をして悦子さんが言ったのです。
「昨日、愛香(私のこと)が死ぬ夢を見たんだよね」と。
しかも「ちっとも悲しくなかったんだよね」と。

死ぬ夢はとてもいいのだと聞いたことがあります。
生まれ変わりの夢だと。
ということで、その日のうちにこのHPをつくって
「やまねフランス」を立ち上げたのですが、
悲しくなかったというのはなんだったんだろう???

なにはともあれ、1周年。
前に進みます。
Img_a3c5b038f1d3dfe1d42bededffb28774
去年の夏、ポルトガルのリネン屋さんでエプロンを買ってきました。
お店の一角に色とりどりのエプロンがぎっしりと積まれていて、
興奮しすぎて写真を撮ってくるのを忘れてしましました。

日本でも、これは!と思うエプロンに出会うことはあるのですが、
とにかく高い。なぜなんでしょう???
ここのリネン屋さんは日本の5分の1くらいで厚手のしっかりとしたものが買えるのです。
大人買いしてくればよかった。。。
Img_8c0c15336dfb821297183bc10e28e9d7
さてさて。
最近お菓子の日記がなかったので、なんとなく写真をアップ。
ちゃんとつくっていますよー。

suido cafe (Click!) さんに置いていただいています。
スコーンセットが2種類。
プレーン・アールグレイ・ホワイトチョコレート のセットと
しょうが・いちじく・全粒粉 のセットです。

味のあるすてきなカフェ、というかお寿司屋さんです。
説明がむずかしいので、ぜひとも足を運んで店主さんにいろいろと聞いてみてください。
とても気さくなイケメンです。
もちろん、お料理もおいしくいただけます。

この1月から週末も営業されるようになったので、
ぜひお休みの日に出かけてみてください。
仕事で神戸へ行くことになったので、
よく遊んでいただいているマダムに会いに
明石まで足を延ばしてみました。

東京でしかお会いしたことがなかったのですが、
マダムのお住まいは姫路なのです。
前から明石のお寿司のおいしさについてお話ししてくださっていて、
機会があったらぜひに!と今回実現したのです。

聞いていたとおり、白身のお魚がおいしかった。
お魚の味はもちろんなのですが、歯ごたえがそれぞれ個性的で楽しめました。

写真は、おみや(おみやまでいただいてしまったのです!)の鯖寿司。
私、鯖寿司歴は浅いのですが、今まで食べたなかで一番でした。
炙りじゃないとイヤとか言ってたのが嘘のようです。
炙りじゃなくていい、いや、炙りなんてごまかされていただけ!みたいな。
ちょっとオーバーかもですが、それくらいおいしかったのです。
ごちそうさまでした。
Img_c6efecf4eec9d6451a41ecb69d93b842
そして、なんと、おみや第2弾!
こちらは明石銘菓の藤江屋 分大さんの分大餅です。
お餅に砂糖を加えていないので、その日のうちにいただかないと
硬くなってしまうとのことで、パクリ。
甘くないお餅と甘い餡がちょうどよい「正しいお大福」でした。

Img_46b9e0b433cf9430bfd94f4deb99c79f
神戸もすこし歩いたのですが、小さなお店がたくさんあって
とても楽しい街でした。
なんといってもカフェの多さにびっくりしました。
ケーキを食べたり豚饅を食べたり、大満喫。

またゆっくり遊びに行きたいです。
南仏にあるレモンの街、マントンに行ってみたいと思って
インターネットで調べていたら、
なんとレモン祭りが来月にあるのだそう。
しかも、同じコートダジュールで私の一番好きなお花の
ミモザ祭りも開かれるとのこと。

行っちゃっても大丈夫かしら???

プレゼンあるけど、編集あるけど、撮影あるけど、
行ってもいい、わけないか。。。

飛行機の時間を調べて、
予約ボタンを押せずにうずうずしています。
困難の多かった仕事をひとつ乗り越えてみて、
改めて思ったのです。
何をするにも、それがすべてだと思ったのです。

人と人をつなぐとき。
誰かに何か託すとき。
人を活かそうとするとき。
強い思いを伝えるとき。
誰かの代わりに思いを伝えるとき。

すべては、そこにちゃんと愛はあるか、ということに帰結する。

だから決めたのです。
私はもうしばらく、大人の判断なんてしない。しないですからねー。
それはまだ私の仕事じゃないから。
私は、暑っ苦しい愛を押し通すのが仕事。


なーんて、真夜中のひとりごとでした。
フランス行けるかな。。。